一年は続けるディズニー日記

2018年9月、ディズニーシーの年パスを買ったので1年間は頑張ってブログを更新する

僕たちがディズニー・フェアリーテイルウェディングを決めるまで - 仮予約~本契約編

 

フェアリーテイルウェディング(FTW)とは

フェアリー・テイル・ウェディング、略してFTWとは、東京ディズニーリゾートのホテルで行われる結婚式のことです。ネットでは「FTW」という略称で書かれる事が多く、FTWでググるとたくさんの記事が出てきます。

ディズニーリゾートのホテル

ディズニーリゾートのホテルで結婚式(挙式+披露宴)ができるホテルは3つあります。

  • 東京ディズニーランドホテル(シンデレラ城ウェディング)
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • ディズニーアンバサダーホテル

東京ディズニーランドホテルの結婚式は、シンデレラ城で行う結婚式で、これだけは完全にブルジョア(金持ち)のためのプランです。他の2つのホテル、ホテルミラコスタとアンバサダーホテルの挙式はまだ庶民(普通に結婚式が挙げられるくらいのお金がある人)に手の届く結婚式となります。*1

僕らは「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」で結婚式を挙たのですが、今回は決めるまでの道のりを書いていきます。

仮予約

挙式ですが、仮予約→本契約→打ち合わせ... といった感じで進んでいきます。まずは仮予約を取ることが最初の目標となるわけです。

僕らの仮予約のとり方は少し特殊だった

ただ、僕らの仮予約のとり方は少し特殊でした。10月だか11月だかに、ミラコスタのブライダルサロンに電話し、「3月か4月で空いている日とプランを全部教えてください」と聞いて、仮予約を取りました。*2 半年前くらいだと月に1日開いてるかどうかでした。たまたま空いてた日があったしプランも良かったのでその日にしました。

通常の流れ

本来は少なくとも挙式の1年~1年半(もしかしたら2年くらい?)前から準備しないと、希望の日にちで挙式することは難しいでしょう。

まず最初はフェアや見学会に行くところからでしょう。下記のページに行くとフェアの日程などが出ています。

フェア・ご見学 | ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング

ただ、僕らは見学などせず仮予約をとったため、相談会などには行っておらず、その様子がどんなものなのかはよくわかっていないです。成約後に会場コーディネートだけは行きました。その際には「模擬挙式」を行っていました。ホテルミラコスタの場合挙式がかなり特殊な形式なので、 一度は模擬挙式を見るか、YouTubeなどで調べたら映像が出てくると思うので見たら良いと思います。*3

仮予約を申し込めるようになるタイミング

重要なのは、仮予約がスタートしたらとにかく早く仮予約を取ることです。でないとどんどん埋まっていってしまいます。仮予約ですが、1年前のその月の1日にスタートします。例えば、2020年の12月のどこかで式を挙げたいと思ったら、2019年の12月1日に仮予約スタートです。ぴったり1年前というわけではないので注意してください。2020年12月15日に挙げたい人、2020年12月20日に挙げたい人、全員2019年12月1日に予約スタートです。

仮予約は電話で行います。ホテルミラコスタのブライダルサロンの場合は朝10時に営業開始しますので、1年前の1日午前10時になったらすぐに電話をかけます。当然みんなそのタイミングで電話をかけるので全然繋がりません。最低でも1~2時間は覚悟しましょう。

プランによって挙式の時間が決まっている

重要なのは、プランによって挙式の時間が決まっていることです。ホテルミラコスタの場合、プランは大きく分けて3つあります

  • ロマンティコ(30名以下)
  • トラディツィオナーレ(30名~)
  • ディ・クオーレ(40名~)

僕らは30名以下の「ロマンティコ」のプランだったのですが、このプランは平日18:00にのみ実施されています(たしか)。細かい時間は忘れてしまったので、自分たちが何人で挙式をあげようとしているのかを考えた上で、一回ブライダルサロンに問い合わせてみるとよいかと思います。このプランはこの日の何時から、という枠がありますので、完全に自由な時間にとれるわけではありません。

プランによってオプションなども異なる

プランによって、呼べるキャラクターに制限があったり等、追加のオプションに制限があります。*4 また、キャラクターを呼ぶ際にはキャラクターの予定も確保する必要があるので、「自分の希望の挙式時間帯では、呼びたいキャラクターに他の予定が入っているので、式に呼ぶことができない」といったこともありえます。完全にキャラクターの予定次第なので、電話の際に問い合わせる必要があります。

本契約

仮予約では日にちは抑えてもらえますが、まだお金は発生しません。仮予約をすると、1周間以内に本契約をする必要があります。本契約の際には20万円を支払う必要があります。これは式の前金で、最終的には式の費用にあてられます。本契約をすると日程は完全に確定し、あとは打ち合わせなどを待つばかりとなります。

まとめ

  • 仮予約は1年前の同月の1日に受付開始。
  • 仮予約をしたら1周間以内に前金20万円を払い本契約。
  • プランによって出席人数・つけられるオプション・日程や時間帯が違う。

次回

今回は「とりあえず仮予約からスタートだよ」という話をしました。プランもいくつか紹介しましたが、実際はプランごとにめちゃめちゃ細かい制約があります。次回はその制約やオプションについて書こうかと思っています。

*1:アンバサダーとミラコスタはほぼ同じ値段か、ほんのちょっとだけミラコスタが高いくらい

*2:ミラコスタのブライダルサロンにはめっちゃ電話しまくてしまいました。。。ご対応いただきありがとうございます。

*3:だいぶ好みが分かれそうな挙式です

*4:キャラクター以外のオプションにもいろいろ制限があります